もともと空を見上げるのが好きで、きれいな空の写真を見るのが好きでした。でも、自分でも撮ってみようという発想にはならなかったのですが、数か月前にスマホの機種変更をしたのを機に、空の写真を撮るようになりました。

新しいスマホが届いたとき、カメラ機能を使ってみようと、何気なく空を撮ってみると、結構きれいな写真ができました。以前のスマホよりもきれいな画像だったので、スマホのカメラ機能も進化しているんだなぁと思って、いろいろ写真を撮りたい気分になってきて、それからは、きれいな夕焼けや、おもしろい形の雲を見たときなどに、空の写真を撮るようになりました。

スマホはいつも持ち歩いているものなので、いつでも写真を撮れるのがいいところですね。快晴の青空と、緑の木々のコントラストだったり、真っ赤な夕焼けと、建物のシルエットだったり、雲の間から漏れる光の筋だったり。いろいろな写真を撮っては自己満足に浸っています。

今までよりも意識して空を見上げるようになって、いいこともありました。この前は、雨上がりにふと空を見上げると虹が出ていたんです。そんなに大きな虹ではなくて、ほんの一部といった感じだったのですが、やっぱり虹を見ると幸せな気分になりますね。

DSC_2118