数か月前から、娘と家でジグソーパズルにはまっています。最近やっているのは、世界最小1000ピースのディズニーシリーズのジグソーパズルです。通常よりもピースが小さく、とっても見づらいのですが、1000ピースでもA3サイズなので、大きすぎず飾りやすいのです。ただいま、5個目のジグソーパズルに挑戦中です。

ジグソーパズルを始めたきっかけは、近くのショッピングモールにジグソーパズルの専門店が出来たので、なんとなく1つ買ってみた、というだけなのですが、そこからすっかりはまってしまいました。最初に箱を開けてザッとピースを出してこれから始めるぞ、というワクワク感も楽しいですし、端のピースをうめていって、パズルの輪郭が出来た時も嬉しいですし、どんどん出来上がって絵が見えてきたときも興奮します。そして、なんといっても最後のピースをはめるときの達成感はたまりません。できあがったパズルは糊で固めて、フレームに入れて飾っています。殺風景だった廊下が少し楽しくなりました。

お店に行くと、いろいろなジグソーパズルがありますね。光るものや、ステンドグラスのように透けるもの、そして一面真っ白な気が遠くなりそうなパズルも。真ん中が空いていて写真を飾ることができるものもありました。立体パズルなんかも置いてあったので、そういうのも面白そうだなと思いました。

ジグソーパズルは楽しいのですが、飾るスペースにも限りがあるので、そろそろ別の楽しいことを見つけたいなと思っています。