昔、カナダのトロントという街で数か月過ごしました。アジア人が多く、あまり外国にいるようには感じず、観光地としては、ほかの街ほど魅力は感じられないかもしれないけれど、住んでみると、とても住みやすく魅力的な街でした。

トロントは本当に多国籍で、様々な国から来た人たちが暮らしています。定番のチャイナタウンのほかに、リトルイタリー、コーリアンタウン、グリークタウンなどいろいろな地区があるのですが、この多民族なところが、一番の魅力でした。

特に、私は食べることが好きなので、中華が食べたくなればチャイナタウンに飲茶を食べに、カムジャタンを食べたくなればコーリアンタウンに、楽しく飲みたいときにはグリークタウンに、ゆっくり友人とコーヒーを飲みながらおしゃべりしたいときにはリトルイタリーへと、毎日どこに行こうか考えるのが楽しみでした。

残念ながら日本人街はないのですが、コーリアンタウンのスーパーには日本の食材が売っていますし、日本食のレストランは点在しています。それも、居酒屋、ラーメン屋さん、お好み焼き屋さんなど、庶民的なお店もあるのが嬉しいところです。

交通も発達していて、地下鉄、バス、トラムのいずれかで、すぐに目的地に行けますし、日本の都会と比べると、ルートも単純なので迷うことはありません。治安もそんなに悪くないので、もちろん気を付ける必要はありますが、一人でも普通に出歩くことができます。

たまに雑誌やテレビなどでトロントが紹介されているのを見ると、また行きたいなと思います。