毎年、庭でバジルを育てています。バジルは強いようで、大したお世話はしていないのに、毎年ぐんぐん成長します。

私はバジルが大好きなので、料理でよく使うのですが、それにしてもたくさん出来過ぎて、なかなか使い切ることができません。放っておくと、葉が大きくなりすぎてかたくなってしまったり、虫がついてしまいます。

去年までは松の実やチーズを入れてジェノベーゼソースを作り冷凍したりしていたのですが、他にできすぎたバジルを保存できる方法はないかと思い、今年はドライバジルを作ってみることにしました。

インターネットで検索すると、電子レンジで簡単にできることがわかりました。調べたところ、キッチンペーパーでバジルを挟んでから加熱するとバジルが黒くならない、と書いてあったので早速トライしてみました。

ドライバジルの作り方は、生のバジルをキッチンペーパーで挟んで、数分加熱するだけです。簡単に乾燥したバジルができました。確かに、キッチンペーパーの中のバジルは緑色なのに、ペーパーからはみ出てしまったバジルは黒くなっていました。

作ったドライバジルは、ビニール袋に入れて、袋の外から揉むと、簡単に粉々になりました。これからピザトーストやバジルチキンに使おうと思っています。

DSC_2359