遊びに行ったときに、クラフト体験で「ビー玉で作る万華鏡」づくりをしてきました。筒の先にビー玉をとりつけるだけで、本当にあっという間に作ることができます。

この万華鏡は、中にビーズやキラキラを入れたりはしません。筒からのぞいて、ビー玉の先にある景色が万華鏡のように見えるのです。ということで、目の前に何を置くか、何を見るかによって万華鏡の形や色が変わります。

カラフルな紙を置いてみたり、自分の手をのぞいてみたり、また、人の顔を万華鏡で見てみたりと子どもはいろいろ楽しんでいました。私ものぞかせてもらいましたが、カラフルな色の物を見ると、とてもきれいに見えました。

子どもは工作が好きなのですが、普段は作ったことに満足してすぐ放置、ということが多いのですが、これは面白かったようで、放置せずしばらく遊んでいました。

我が家は、特に夏休みの自由研究として作ったわけではないのですが、自由研究にもぴったりだなと思いました。必要な材料もすぐに揃えることができそうですし、作る手順も簡単で、小学生でも一人で作ることができそうです。後で知りましたが、ビー玉万華鏡の工作キットも販売されているようです。

この写真は、ちょっと地味な感じになってしまいましたが、鮮やかな物を目の前に置くと、とっても綺麗です。

DSC_0518