子どもの大好きなキッザニアに遊びに行きました。いつも混んでいるので、やりたいお仕事が確実にできるように朝早く家を出ました。7時半ごろ到着したのに、受付にはもうすでに長い列ができていました。みんな、何時から並んでいるんでしょうか。

まずはオンラインの予約の画面を見せて受付をすませ、列に並んで、腹ごしらえのおにぎりを食べました。我が家も何度目かのキッザニアですが、周りの様子を見ていると、何度も来ている子が多そうですね。みんな、今までのお仕事カードを見たり、キッザニア内のお金キッゾを数えたりしていました。

娘は今回はベーカリーがしたいということで、開場したら、まずはベーカリーに直行しました。ベーカリーはドンクがやっていて、クロワッサンを作って焼いて、食べることができます。私もドンクのクロワッサンということで、食べられるのを楽しみにしていました。

娘の順番になり、店内に入っていくと、教えてくれる方が外国人の方でした。私はのんきに「外国人の方だけれども日本語で説明ができるなんてすごいなぁ」と思ってたのですが、お仕事が終わり、娘が外に出てきて話を聞くと、説明はオールイングリッシュだったとのことでした。外から見ていると石臼が登場したり、白い粉の説明をしていた様子だったので、どんな説明だったのか娘に聞こうと楽しみにしていたのですが、「何を言っているかよくわからなかった」とのこと。娘は英語を習っているのですが、残念ながらまだ説明は理解できなかったようです。

でも、焼きたてのクロワッサンはサクサクでおいしかったです。