なんばの「道頓堀コナモンミュージアム」というところで、たこ焼きの食品サンプルを作ってきました。道頓堀の賑やかな場所にあって、たこ焼き屋さんの3階がサンプル作りの体験ができる場所になっています。

そのままのたこ焼きと、半分に切って中の具が見える状態のたこ焼きの2種類を作ることができて、この2つのたこ焼きをセットでケースに入れて持って帰ることができます。

ここには調べて行ったわけではなく、たまたま道頓堀を歩いていて見つけただけなのですが、店員さんに聞くとすぐに体験をさせてもらえました。混んでいる時は待たないといけないこともあるそうです。

食品サンプル作りはとても楽しかったです。温かい液体をたこ焼きの型に入れて冷やし、型から外して色を塗っていきます。半分に切ったたこ焼きの方は、自分で好きな具を選んで入れることができて、選ぶトッピングによって値段が変わってきます。大きいエビをドンと入れるのも人気だそうです。最後にソースをかけて鰹節と青のりをのせたら完成です。完成まで1時間もかからなかったような気がします。

私たちはランチをした後に行ったので、本物のたこ焼きは食べなかったのですが、食品サンプルを体験した人には1階のたこ焼き屋さんの割引券がもらえるようです。楽しい経験ができました!

DSC_1452