知り合いから「MAPS 新・世界図絵」という絵本をいただきました。大型の絵本なのですが、世界中の様々な国のことがイラストで紹介されています。著者はポーランドのご夫婦のようです。

それぞれの国の首都や言葉、人口、面積の記載があり、特産品や文化などがイラストになってたくさん描かれています。各地の有名な建物や、食べ物、動物、そして、伝統文化がかわいいイラストで描かれていて、見ているだけで楽しい絵本でした。

各国の代表的な男の子と女の子のイラストと名前も書いてあるのですが、日本は「あきら」くんと「みさき」ちゃんとなっていました。個人的にはこの部分が好きです。

この本は娘にいただいたのですが、私の方が楽しく読んでいます。私は海外にとても興味があるので、いろいろなことを知ることができて楽しいです。また、行ったことのある国のページでは、ここに行ったなぁとか、そういえばこの食べ物を食べたなぁとか、いろいろ昔の旅行を思い出すことができて、楽しかった思い出がよみがえります。この本をみていると、また海外旅行に行きたくなってしまいます。まだまだ行きたい国はたくさんあるのですが、これからの人生、あと何か国ぐらい訪れることができるでしょうか。


DSC_2421