娘がピアノを習っています。といっても、かなり本気度は低めで、練習はメンドクサイからさっさと終わらせたいけれども、やっぱり曲が弾けるようになったら楽しいし、発表会もきれいな服が着られて褒めてもらえるから好き、という至って普通の小学生です。

なので、練習もそれほど熱心ではなく、進度もそんなに早くないので、今まではピアノ経験者の私が、片手ずつなら初見で娘と合わせて弾いてあげることが出来ていました。でも、進度が早くないとはいえ、だんだん曲も難しくなってきて、最近では私がアタフタするようになってしまいました。

音符は読めても、特に速い曲は指が思い通り動いてくれず、ブランクが長すぎて指の動きが付いていけなくなってきて、だんだん娘の練習の役に立てなくなってきてしまいました。

でもその分、娘の方はやっと自力で譜読みができるようになってきて、100パーセントではないにしろ、譜読みの正確さも増してきたので、もう手を離してもよい時期がやってきたのだなという気がしています。

ピアノの習い事がいつまで続くかは分かりませんが、中級レベルの私の好きな曲を弾いてもらえるぐらい上手になってくれたら嬉しいなと勝手に期待しています。そして、私もピアノをまた弾いてみようかなという気持ちになっています。

DSC_2399