数か月前から、子どもが、子ども用のプログラミング「スクラッチ」をやっています。Eテレのテレビ番組で、厚切りジェイソンさんがスクラッチのやり方を教えてくれる「Whyプログラミング」という番組があるのですが、その番組でやり方を学んだり、図書館でスクラッチの解説をした本を借りてきたりして、簡単なゲームを作ったりして遊んでいます。

スクラッチは、プログラミングの言語が分からなくても、もともとスクリプトという命令の書かれたブロックがたくさんあり、それを並べるだけで、簡単にプログラミングができるようになっているので、小学生の娘でも理解できるようです。

また、他の人たちが作った作品がたくさん共有されていて、それをリミックス(改造)できるようになっているので、一から作らなくても、気に入った作品を少し変えて楽しんだりすることもできます。また、他の人の作品から、どういうブロックを置いたらどういう動きをするのかなどを、見て勉強することができるので分かりやすいようです。

最近は、スクラッチが面白いらしく、3DSではほとんど遊ばなくなりました。あと数年したら小学校でもプログラミングの授業が始まるそうですし、こういうものに少し慣れておくのもいいのかなと思っています。家の近所でも、子ども向けのプログラミング教室や、ロボットプログラミング教室が最近開講されるようになりました。ほかの習い事で忙しいので通うことはないと思いますが、周りの話を聞くと、すぐ定員に達するそうで、結構人気があるようです。