子どもの同級生のお母さんたちと、たまにランチに行きます。月に1度程度なので多くはないのですが、これぐらいが私にはちょうど良い頻度です。

同級生のお母さんたちとランチをして助かることは、自分の子どもの知らない面を知ることができるところです。娘は学校の事も家で話しますが、どちらかというと自分の興味があること以外はあまり関心がなく、クラスの様子や、友達との様子が正直よくわかりません。

でも、他のお母さんから、子どもの家で見せない一面について教えてもらったり、クラスの様子や私のよく知らないクラスメイトの子どもたちの様子も知ることができ、また、先生たちの評判や、PTAについて、上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいるお母さんからは中学校の様子なども教えてもらうことが出来て、本当に助かっています。私はそういう情報に疎いので、教えてもらうばかりで、情報をあまり提供できないところは申し訳ないのですが。

もちろんランチのお料理も楽しみです。普段は自分の分だけだとお昼ごはんは残り物などになってしまう事が多いので、美味しいお料理を食べることが出来てうれしいです。保護者の方たちはいろんな方がいらっしゃいますが、とても良い人たちとも知り合うことができてよかったなと思っています。

DSC_2410