私の家には、子どもの友達が時々遊びに来るのですが、友達が来た時に結構盛り上がる遊びがあります。それが、「虹色のヘビ」というカードゲームです。ルールが簡単で3歳ぐらいの幼児でも遊べるゲームなのですが、小学生でも意外と盛り上がります。

カードにはヘビの頭、胴体、しっぽが描かれていて、裏返しにしたカードの山から一人ずつめくっていき、カードを場に出します。すでに出ているカードと色が同じならヘビをつなげていき、頭と胴体としっぽが揃ったら、そのつながったカードを全てもらうことができます。ヘビの頭としっぽには一枚ずつレインボーカラーのものがあり、それは何色としても使えるようになっています。カードがなくなったらゲーム終了です。最終的にはカードの数が一番多い人が勝ちです。

ヘビが長くなっていくにつれ、子どもたちは大興奮です。小さい子も大きい子も一緒に対等に遊ぶことができ、運だけで勝負が決まるので、小さい子でもハンデなしで勝てます。単純なゲームなので、初めての子がいても説明がほとんど不要で、すぐに始められるのも良いところです。

私の母が、たまたま輸入のオモチャのお店に行ったときに買ってきてくれたのですが、我が家で大活躍しています。

DSC_2449