例年は11月にみかん狩りに行くのですが、今年は忙しくてなかなか時間がとれず、12月に入ってからのみかん狩りとなってしまいました。

大阪南部にはみかん狩りができる場所がたくさんあります。少し山の方に入っていくと、山の斜面にみかん畑が広がっています。日が良く当たるようにみかんが植えられているので、晴れている日だと12月でもポカポカ暖かかったりします。この辺りでは観光農園でみかん狩りをすることもできますし、みかん農家さんが一般の人にも開放して、とったみかんをキロ単位で売ってくれるところもあります。

私の家では、秋にみかんをとりに行って、お正月頃までのみかんを確保するのが恒例になっています。農園に着いたらカゴとハサミをお借りして、農園内をまわります。外側の太陽をたくさん浴びたミカンがやはり甘いそうなので、外側にあって、きれいなオレンジ色になったみかんを選んでとっていきます。自分でみかんをとっていくと、美味しそうなみかん、好みの大きさのみかんを選ぶことができるので嬉しいです。

もう十分かなと思ったら、持参した大きめのスーパーの袋やエコバッグに入れて持って帰ります。持って帰ったら、タオルでひとつひとつ拭いて、きれいになったみかんを段ボールに入れていきます。みかんをとっていくのも、重いみかんを持って帰るのも、ひとつひとつ拭いていくのも、なかなか疲れる作業なのですが、自分で採ったみかんの味は格別です。

最近、スーパーで売られているみかんは甘いものが多いですが、ここの農園のみかんは酸味も結構しっかりあって、酸味と甘みのバランスがよく、気に入っています。食後のみかんでビタミンCをたっぷりとって、健康に過ごせたらなと思っています。

DSC_1392