週末に、「ハーベストの丘」という動物とふれあったり、いろいろな体験ができる施設に行ってきました。さすがに12月ともなると外は寒かったですが、午後になると晴れてきたので日なたにいると暖かかったです。

着いたらまずは動物たちとふれあおうということで、エサやりをしました。ここではヒツジ、ブタ、ラマなどにエサをやることができます。自動販売機でエサの入った最中を買い、スコップにエサを入れて動物たちに食べてもらいます。ヒツジたちはお腹が空いているのか、かなりガツガツ食べていました。

牛の乳搾りもしました。こちらは当日先着順の予約制で、整理券をもらって、指定の時間に行くという形です。間近でみる牛はとても大きかったです。子どもはスタッフのお姉さんに乳搾りのやり方を教えてもらって挑戦していました。初めてのこどもがやって、ちゃんと成功するのだろうかと思っていたのですが、結構あっさりできたようで、ピューピューと牛乳が出ていました。

この施設では、動物とのふれあいだけではなく、ソーセージ作り、パン作り、クラフト体験などもあって、動物に飽きてもまだまだ楽しめます。私はソーセージ作りに興味があったのですが、工作好きの娘はクラフト体験を選びました。ライトスクラッチというものなのですが、透明の板を針で削って絵や模様を作っていき、下からライトをあてて削った部分を光らせるというものでした。針で少しずつ削っていくので思ったよりも時間がかかりましたが、本人はこういう作業が好きなのでとても楽しかったようです。

観覧車やゴーカートなど、遊園地っぽいものも少しありました。最後はお土産に自家製のソーセージやパンを買って帰りましたが、どれも美味しかったです。

DSC_2387