お休みの日に、キッザニア甲子園に行ってきました。キッザニアもすっかりクリスマス仕様で、クリスマスの限定アクティビティなどがありました。私は見られなかったのですが、雪が降ってくる時間もあるみたいです。

今回の一番のお目当ては、数か月前に新しくできたアクティビティ「ロボット研究開発センター」のお仕事を体験することでした。最近ロボットに興味しんしんの娘は、アプリでロボットをプログラミングして動かすという、このNTTドコモのお仕事がやってみたかったみたいです。

キッザニアにはオープン前の早い時間に到着し、朝ご飯を食べながら開場を待ちました。そして待ちに待った開場後、まずは人気ですぐに終了してしまう食べ物系のアクティビティへ行きました。一番最初の回で体験ができたので、食べ物系のアクティビティが終わるとすぐにロボット研究開発センターの予約へ。新しいアクティビティなので、人気があるのかなと思っていたのですが、意外とすぐに体験ができて、待ち時間5分ほどですぐにスタートでした。

1回につき定員6名のお仕事なのですが、3人ずつに分かれて座ります。3人につき1人のスタッフさんが付いてくれて、タブレットの操作方法について説明してくれます。プログラミングについては、ほぼ出来上がった状態から、抜けている部分を埋めるだけという形でした。NTTドコモの店舗に来たお客さんにロボットで対応する、という設定のようです。

まずは3人で話し合ってロボットの名前を決めることから始まったのですが、娘のチームは全員ひとりでの参加だったので、初対面どうしでなかなかうまく会話が進まずもたもたしていました。なんとか名前が決まり、タブレットの操作も完了すると、実際にプログラミングしたとおりにロボットが動くか試していました。ロボットは動きがとてもかわいかったです。またやりたい!と子どもは大満足でした。

DSC_2498