今年一年間、子供の学校でPTAの役員を経験しました。

今子供の数がどんどん減っていて、もちろんそれに比例して親の数も減っています。
PTA役員も決めるのが大変で、色々話し合いなどはするものの、大抵最終的にはくじ引きになってしまいますよね。

昨年のくじ引きで「アタリ」というハズレくじを引いてしまった私は、渋々役員をやることになったんです。
特に仲の良いお母さんもいないし、人付き合いも苦手だし、やる前はそれはもう憂鬱でウンザリした気持ちでいました。

でも実際にPTA役員を始めてみると、色々面倒なことはあるものの、他のお母さんたちと意気投合して和気あいあいと仕事をすることができました。そして先日、一年間の任期をようやく終えることができたんです。

大変なことも多かったですが、その分充実感や楽しいことも多かったです。特に企画したイベントを無事終えた時、たくさんのお母さん方から感謝の気持ちを伝えられたのが嬉しい驚きでした。

そして一番嬉しかったのが、同じ役員の面々での打ち上げパーティーです。

パーティーなんて大袈裟なものではないかもしれませんが、ファミレスのソファー席に陣取ってお食事会をしたんです。アルコールも入り、子供抜きでワイワイ盛り上がっておしゃべりと食事を楽しみました。

最初は本当に嫌だ嫌だという気持ちのしかなかったので、まさかこんなに楽しい思い出になるなんて、考えもしなかったことでした。

もう一度役員をやりたい!とはやっぱり思えませんが、言われているほど悪いものでもなかったなと今は思っています。