つい先日、学生時代の友人から連絡が来ました。

「自分が興味があって勉強や仕事をしている分野でコンクールに出ることになったから、良ければ来てくれない?」

という内容でした。

その友人とは、他の友人の結婚式以来顔を合わせていないので、声をかけて会おうと誘ってくれたことも嬉しく、何より、友人が現在頑張っていることやその成果について話をしてくれたことが嬉しかったです。

思い返せば学生時代のことですが、その友人から感謝の言葉をもらったこともありました。

「○○(私)が勉強するだけでも楽しいよって以前言ってくれたから、興味があることを勉強するだけでも良いなと思って、資格の勉強を今年からやってみようかなと思うんだ。ありがとう。」

というような内容だったのですが、今回もその時とのことを思い出して、何だかまた嬉しい気持ちになりました。

こういう連絡をもらうと、自分も何か新しいことを始めてみたり、日常生活ももっと頑張ろうという活力になるんですよね。

今回行くことになったその友人のコンクールは今の私にとっては全く関わりのない分野ですが、どんな内容かその日がとても楽しみです。

また、今回その友人と話しができたことがきっかけで、他の共通の友人との写真なども送ってくれるようになったので、地元を離れて暮らしている私としては、地元の友人たちの姿を見れるだけでも嬉しく思います。

時に落ち込むことがあっても、そういった写真一枚、もしくはメールの言葉だけでも心の支えになってくれることがあるので、それらの写真は大切に保存しています。忙しくて切羽詰ったり、余裕がなくなってしまった時のお守り代わりかもしれません。

理想に向かって楽しそうに突っ走る友人の姿が嬉しく、私もまた、自分の分野での勉強などを頑張ろうと思った最近の出来事でした。